引越し 業者 愛知

愛知の引っ越し業者の選び方

愛知 引越し 費用

愛知 引越し 料金

愛知 引越し 相場

愛知 引越し 価格

愛知 引越し 安い

 

 

たくさんある引っ越し業者の中から、一番良い1社を見つけたい。
でも、電話帳やインターネットで調べると愛知県だけで約400件ヒットします。

 

こんな多くのお店の中から引っ越し業者を1社だけ選ぶのは、大変な作業です。

 

そこでオススメなのが、引っ越し業者一括見積もりです。

 

1回情報を入力すれば、200社以上の会社から最大で10件を選んで見積もりを取ることができます。

 

 

愛知 引越し

 

あなた自身の引っ越し料金の相場はもちろん、最安値の会社も簡単に見つけることができます。
サービスが充実している大手の引越し業者にするのか、価格が安い地元密着の引っ越し会社にするのかは、あなた次第です。

 

良い引っ越し業者を選びたいなら、複数の引っ越し業者の見積もりを比較するのがオススメです。

 

他にもいろいろな一括見積もりサイトがあります。

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

 

 

引越しのおおまかな手順を知っておこう

 

引越しの手順

 

引越しの手順を知っておくと、だいぶ気分が楽になります。
おおまかな手順を確認しておいてくださいね。

 

引越し 手順

 

引越しですから、早く引越し業者を決めてしまいたいところです。
しかし引越し費用は新居の物件にエレベーターがあるのかないのかによっても金額が変わりますので、新居が決まらないと正確な見積もりが出せません。

 

当日の追加料金発生などのトラブル回避のために、引越し業者への見積もりは新居が決定したらすぐというタイミングがオススメです。

 

次に断捨離です。引越し料金は荷物の量に比例して値段が変わりますのでまずは減らしましょう。

 

荷物が多ければそれだけ大きなトラック、多くのスタッフ、多くのガソリンが必要となって引越し費用が当然高くなるのです。

 

市外への引越しの場合は、市町村役場で転出届を提出します。転出届は引越しの2週間前から提出することができます。
うっかりして出し忘れると提出しに戻るか、市町村役場に連絡して郵送してもらって記入したらまた送り返すなどの手間がかかります。

 

市町村役場に行きましたら、国民年金や国民健康保険の手続きが必要かも聞いてください。

 

2週間くらい前になると電気・ガス・水道業者に連絡して、引越し日までの費用を日割り精算してもらう手配をしましょう。
手続きの方法は各会社で異なりますので、まずは電話連絡をどうぞ。
同一市内の引越しなら、引越し日に新居で電気・ガス・水道を使えるように手配してもらってください。

 

引越しによって郵便物が届かなくなるのは不便ですね。
最寄りの郵便局に行って「転送届」を提出すれば、1年間は郵便物を新居に転送してくれます。

 

この1年間に引越ししましたという連絡を、友人や知人に手紙やメール、LINEなどでお知らせしておきましょう。

 

引越しの当日、運ぶものはすべて引越し業者におまかせして、あなたは家具た家電の配置を指示してください。あらかじめ決めて紙に書いておくと便利です。
貴重品、高級品、貴金属、お金、パソコンのデータ、遺影、位牌など大事なものは、トラブル回避のためにも自分で運んだ方が安心です。

 

これらは破損して保険を使ってもお金で解決できるものではありませんので、大事にしてください。

 

引越ししてから2週間以内に新居に最寄りの市町村役場に行き、市内引越しなら転居届を、市外引越しなら転入届を提出しましょう。
これで選挙など役所からの大切なお知らせが届きます。

 

最後に運転免許証やパスポート、保険証など身分証明書になるもの、銀行やクレジットカード会社、保険会社などにも住所変更をお知らせしてくださいね。
放置すると大事なお知らせが届かなかったり、いざ使おうと思っても使えないなどのトラブルになります。
忘れないうちに行ってください。

 

 

引越し時期と繁忙期の関係

 

引越し 繁忙期

 

引越し業者には「繁忙期」があるというのをご存知ですか?

 

引越し業者の繁忙期は3月前後で、この時期の引越し業者は日本全国どこも大忙しです。
最近は物流の変化で大型トラックの運転手が不足しており、繁忙期に引越ししたくても業者が見つからないということが本当に起きています。

 

ではなぜ繁忙期が起こるのでしょう?

 

なぜなら受験を終えた新大学生や就活をパスした新社会人が4月の新学期に向けて新天地に飛び出すからです。
しかも、これだけではありません。

 

日本の企業には全国展開しているところが多く、3月には春の人事異動あって4月の新学期から新しい部署に配属されるサラリーマンも多いのです。
そのサラリーマンの家族や単身赴任のサラリーマンの引越しも3月前後と重なるのです。

 

ここに通常の引越しも加わって、3月前後はどこの引越し業者も大忙しになります。
この時期に引越しするなら、新居がきまったらすぐに見積もりを取って業者を比較し、一番条件の良い引越し業者を抑えておきましょう。

 

のんびりしていると費用の高い業者しか残らなくなるか、最悪予約ができないということもありますので、お気を付け下さい。

 

 

引越し料金の仕組み

 

引越し 料 ,仕組み

 

引越し料金は人件費と交通費とオプション費との合計金額になります。

 

そして引越し費用は、荷物の量が多ければ多いほど高いです。
なぜかというと、荷物が多いとそれだけ荷物を運ぶために多くの引越しスタッフが必要になりますし、運ぶ時間もかかります。
そして荷物に応じた大きなトラックが必要となり、大きなトラックの分ガソリン代も多くかかるのです。

 

ですから引越し料金を安くしたいなら、できるだけ運ぶ荷物の量を減らしましょう。

 

幸い今はスマホのアプリなどを利用すれば、不要品を直接売りに出したりすることも出来ますね。
しかし、売れるまでには多少時間がかかりますので引越しが決まったら早めに動きましょう。

 

リサイクルショップなどに売る方法もありますが、ここで引き取ってくれる家電は5年以下のものです。
それを超える家電の買取りはかなり難しいです。

 

売るのが難しいものは、欲しい人にあげる、思い切って捨てるなどの方法で不用品を減らしましょう。

 

新居に不用品を持って行く費用ほど、不経済なものはありません。
引越し費用を安くしたいなら、不用品は引越し前に処分するのがオススメです。

 

 

引越しの際のダブル家賃の回避法

 

引越し 家賃

 

賃貸物件での引越しは、何も考えずに引越し日を設定すると旧居と新居のどちらも同じ月に家賃がかかるなんてことになります。
数万円の家賃であれば払うという選択肢もありますが、ファミリー物件だと家賃も十万円単位になることも。

 

月の半分しか住まないのに家賃が2ヶ所分になったら実にもったいないので、上手に引越したいものですね。

 

まずすべきことは引越しが決まったら契約書に「何ヶ月前に退去の告知をすること」と書いてあるか調べましょう。
もし「3ヶ月前」と記載されていた場合は、すぐに部屋をでる予定であることを不動産会社に連絡してください。

 

そうでないと新居が決まってから告知したのでは間に合いません。ダブル家賃が発生する可能性が高くなります。
まずは現住所の管理会社に解約予告をしてから新居を探しはじめましょう。

 

大家さんも次の入居者を探す手配をしなければなりませんから仕方がないことです。
物件によって3ヶ月前だったり1ヶ月前だったりしますので、契約書をご確認ください。

 

建設中の新築の物件を予約するという方法もあります。
まだ建設中ですから家賃が発生しませんし、手付金を支払えば予約することができます。

 

他にも1カ月フリーレント(家賃がタダ)という物件を狙うという方法もあります。

 

しかしこのような引き渡し日がちょうどいい新築物件や、フリーレント物件などを上手く探せないことも考えられます。
むしろ可能性がたかいでしょう

 

その場合は入居希望の物件の管理会社に相談をして、家賃を日割り計算にしてもらえないかなどの値引き交渉をしてみましょう。

 

オーナーも物件を何ヶ月も空部屋にしておくのは嫌なはずです。
場合によっては交渉に応じてくれることもありますので、ダメ元で聞いてみてください。

 

それと駐車場を借りている人は、駐車場の解約予告も忘れないようにしましょう。

 

 

引越しと近所への挨拶

 

引越し 挨拶

 

第一印象は大事ですから、引越しをしたらご近所にあいさつに行きましょう。

 

一般的にはマンションやアパートであれば左右と上下の部屋の方に、一軒家であれば向こう3軒両隣のお宅まで行くそうです。
あとはマンションの管理人さん、大家さん、一軒家の場合であれば地域のゴミ出しのこともありますので、自治会長さんなどにも挨拶しておくと良いですね。

 

挨拶に行くタイミングはできるだけ早く、引越し当日か遅くても翌日までに行きましょう。

 

手ぶらで行く方もいますが、何か手土産を用意しておくと行きやすいです。
高価な手土産は必要ありません。500〜1000円程度のもので大丈夫です。

 

人気があるのは洗剤やタオルなどの消耗品、お菓子やコーヒー、紅茶などの食品です。
第一印象は大事にしたいですね。

 

 

引越しと周波数

 

引越し 周波数

 

実は日本では電源周波数が2種類存在します。

 

静岡県の富士川と新潟県の糸魚川あたりを境にして、東側は50ヘルツ、西側は60ヘルツの電気が送られています。
なぜこんなことになっているのかと言いますと、明治の頃に東日本ではドイツ製、西日本ではアメリカ製の発電機が輸入された影響なのだそうです。それが今になっても統一されていないとは驚きですね。

 

普段は不便を感じることは少ないですが、引越しなどでこの境界線を超えると困った事が起こる場合も。
@そのまま使える家電 Aそのまま使えるが性能が変わる家電 Bそのまま使えない家電の3種類に分かれます。

 

@周波数が、50Hzでも60Hz でもそのまま使える家電(電熱や電波を利用する家電)
テレビ、ブルーレイレコーダ、DVD レコーダー、ビデオデッキ、ラジオ、パソコン、オーブン、トースター、エアコン、掃除機、電気ストーブ、電気こたつ、電気毛布、LED電球など

 

A周波数が、50Hzでも60Hz でもそのまま使えるが、性能が変わるもの(モーターを使用した家電、モーターの毎分回転数が変わるため)
冷蔵庫、洗濯機、空気清浄機、扇風機、加湿器、掃除機、ジューサー、換気扇
※インバータを内蔵しているものは、インバータを経由して電力が供給されるために電源周波数による性能の変化はありません。

 

Bそのまま使えない家電
電子レンジ、蛍光灯器具、水銀灯、洗濯機、乾燥機、テープレコーダーやステレオの一部、電気時計など
※周波数に対応していない時は、部品の交換や機器の調整が必要となります。

 

しかし最近の家電の回路はインバーター化がされているものもあります。
インバーターとはモータの電源周波数を自在に変えることでモータの回転数を制御する装置のことで、これにより50Hz・60Hz共用タイプの家電になります。

 

いわゆるヘルツフリーで、これなら電源周波数に関係なく使用できるのです。
手持ちの家電の電源周波数がいくつで設定されているのかは、取扱い説明書で確認してください。

 

 

愛知の引っ越し業者の一覧

 

アーク引越センター(株)/春日井センター
454-0869
愛知県名古屋市中川区荒子4丁目218
0568-81-0003

 

きらくだ引越センター
498-0066
愛知県弥富市楠1丁目111
0567-69-1661

 

佐川引越センター(株)名古屋支店
491-0833
愛知県一宮市平島3丁目4−5
0586-75-3521

 

日通名古屋運輸(株)
455-0024
愛知県名古屋市港区大江町5−3
052-613-8622

 

ハトのマークの引越専門協同組合中部豊田・知立センター
472-0055
愛知県知立市鳥居2丁目12−5
0566-81-2019

 

 

引越しするときの会社の選び方

 

引越しするときの会社の選び方は、人によって違いますね。
大きく分けると、
  


1.お金は多少かかってもいいから、仕事をしっかりしてくれる会社を選ぶ人。
  2.とにかく安くやってくれる引っ越し業者を選ぶ方。

 

評判を調べてみるとわかりますが、どの会社を見ても、
よい評判だけという引っ越し業者さんはないですよね。

 

だったら、
安く引っ越しをしてくれるところを見つけてから選ぶ
のが良いのではないでしょうか?

 

安くて作業をしっかりしてくれるのに
知名度がない引っ越し業者はたくさんあります。
もったいないですよね。

 

=>そんな引越し業者は一括見積もりで見つかります